緊急企画:2018年度再生可能エネルギー買取価格発表!!

201804.11

ウインドバンク編集長のNABEです。
前回で予告していた小形風力発電を設置するのに有効なエリアと導入実績の内容を変更して、2018年度、再生可能エネルギーの固定買取制度について記事を執筆します。
経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の2018年度の新規参入者向け買取価格及び賦課金単価等を決定しました。
今回は、その発表の内容と現状をお伝えしていこうと思います。
それではどうぞ!


目次
1.風力2018年度以降の新規参入者向け買取価格は?
2.再生可能エネルギー全体の買取価格は?
(1)太陽光
(2)風力
(3)地熱
(4)中小水力
(5)バイオマス
3. 買取価格55円+税での購入はできないの?


風力2018年度以降の新規参入者向け買取価格は?

1.風力2018年度以降の新規参入者向け買取価格は?

今回の決定で、何といっても大きな目玉となったのが、小形風力です。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2018年度より風力は、20kW未満と20kW以上の区分が統合されました!!
つまり小形風力という概念がなくなり、陸上風力に統一されました。
当然、買取価格も統一され2018年度は、20円+税になります。
ちなみに2019年度は、買取価格が決定しており、19円+税となり、今年度に2020年度の買取価格が決定します。
業界関係者の一部からは、「充分な審議も行われず、判断は早急だ!」との声も聞こえてきます。
いずれにしましても、この決定により、業界関係者に止まらず、一般投資家にも激震が走ったのは間違いありません。

2.再生可能エネルギー全体の買取価格は?

参考までに、他の再生可能エネルギーの買取価格はどうだったのでしょう?

(1)太陽光

・住宅用太陽光(10kW未満)
昨年度2019年度までの買取価格を決定しており、今年度は2020年度の買取価格を決定しない。

 
電源 規模 (参考)
2017年度
(参考)
2018年度
(参考)
2019年度
2020年度
太陽光
(出力制御対応機器設置義務なし)
10kW未満 28円 26円 24円
太陽光
(出力制御対応機器設置義務あり)
10kW未満 30円 28円 26円
太陽光
(出力制御対応機器設置義務なし、ダブル発電)
10kW未満 25円 24円
太陽光
(出力制御対応機器設置義務あり、ダブル発電)
10kW未満 27円 26円

・非住宅用太陽光(10kW以上2,000kW未満)
2018年度の買取価格を決定。

電源 規模 (参考)
2017年度
2018年度
太陽光 10kW以上
2,000kW未満
21円+税 18円+税

・非住宅太陽光(2,000kW以上)
2017年度より入札制に移行。2018年度は入札を2回(上期・下期で1回ずつ)実施。

(2)風力

・陸上風力
2018年度より20kW未満と20kW以上の区分を統合。
昨年度2019年度までの買取価格を決定しており、今年度は2020年度の買取価格を決定。

電源 規模 (参考)
2017年度
(参考)
2018年度
(参考)
2019年度
2020年度
陸上風力 全規模 20kW以上:21円+税
20kW未満:55円+税
20円+税 19円+税 18円+税
陸上風力
(リプレース)
全規模 18円+税 17円+税 16円+税 16円+税

・洋上風力
着床式洋上風力は、昨年度2019年度までの買取価格を決定しており、今年度は2020年度の買取価格を決定しない。
浮体式洋上風力は、昨年度2019年度までの買取価格を決定しており、今年度は2020年度の買取価格を決定。

電源 規模 (参考)
2017年度
(参考)
2018年度
(参考)
2019年度
2020年度
着床式洋上風力 全規模 36円+税 36円+税 36円+税
浮体式洋上風力 全規模 36円+税 36円+税 36円+税 36円+税

(3)地熱

全区分で昨年度2019年度までの買取価格を決定しており、今年度は2020年度の買取価格を決定。

電源 規模 (参考)
2017年度
(参考)
2018年度
(参考)
2019年度
2020年度
地熱 15,000kW未満 40円+税 40円+税
地熱 15,000kW以上 26円+税 26円+税
地熱
(全設備更新型リプレース)
15,000kW未満 30円+税 30円+税
地熱
(全設備更新型リプレース)
15,000kW以上 20円+税 20円+税
地熱
(地下設備流用型リプレース)
15,000kW未満 19円+税 19円+税
地熱
(地下設備流用型リプレース)
15,000kW以上 12円+税 12円+税

(4)中小水力

全区分で昨年度2019年度までの買取価格を決定しており、今年度は2020年度の買取価格を決定。

電源 規模 (参考)
2017年度
(参考)
2018年度
(参考)
2019年度
2020年度
中小水力 200kW未満 34円+税 34円+税
中小水力 200kW以上
1,000kW未満
29円+税 29円+税
中小水力 1,000kW以上
5,000kW未満
27円+税 27円+税
中小水力 5,000kW以上
30,000kW未満
20円+税 20円+税
中小水力
(既設導水路活用型)
200kW未満 25円+税 25円+税
中小水力
(既設導水路活用型)
200kW以上
1,000kW未満
21円+税 21円+税
中小水力
(既設導水路活用型)
1,000kW以上
5,000kW未満
15円+税 15円+税
中小水力
(既設導水路活用型)
5,000kW以上
30,000kW未満
12円+税 12円+税

(5)バイオマス

・一般木材等・バイオマス液体燃料
一般木材等とバイオマス液体燃料を2018年度から別区分化。
一般木材等(10,000kW以上)とバイオマス液体燃料(全規模)は2018年度から入札制に移行。2018年度は1回(下期)実施。
一般木材等(10,000kW未満)は、2018年度の買取価格を決定。

電源 規模 (参考)
2017年度
2018年度
バイオマス(一般木材等)
(バイオマス液体燃料以外)
10,000kW未満 24円+税 24円+税

 

・その他の区分
その他の区分は、昨年度2019年度までの買取価格を決定しており、今年度は2020年度の買取価格を決定。

電源 規模 (参考)
2017年度
(参考)
2018年度
(参考)
2019年度
2020年度
バイオマス
(メタン発酵ガス化発電(バイオマス由来))
全規模 39円+税 39円+税
バイオマス
(間伐材等由来の木質バイオマス)
2,000kW未満 40円+税 40円+税
バイオマス
(間伐材等由来の木質バイオマス)
2,000kW以上 32円+税 32円+税
バイオマス
(建築資材廃棄物)
全規模 13円+税 13円+税
バイオマス
(一般廃棄物・その他のバイオマス)
全規模 17円+税 17円+税

3. 買取価格55円+税での購入はできないの?

今回の発表により、小形風力のカテゴリーが撤廃されたことにより、実質、買取価格が
55円+税 ⇒ 20円+税 に大きく引き下げられました。
投資家目線で考えた場合、
現時点での各メーカーの発電コストを考えれば、この買取価格20円+税では採算が取れなくなってしまい、投資としての魅力は薄くなってしまいます。

ただちょっと待って下さい!!

 

前回の記事(『本当に儲かるの?今、小形風力発電が注目されているワケ』)でもお伝えしましたが、55円+税の買取価格では、利回り10%を超える計算です。

実は、今、業界内では55円+税の買取価格の権利がある案件が更に注目を集めています!

具体的には、稼働中の小形風力、設置中の小形風力、今から設置予定の案件(認定済)、経過措置である平成30年7月31日までに電力会社との接続の同意を称する書類を提出されているものについては、55円+税買取価格継続しますので、一般投資家からすれば、55円+税の買取価格の権利がある案件は、当然、魅力的となってきます。

ただ問題点もあり、55円+税の買取価格の権利がある案件数には限りがありますので、購入したくてもできない(案件がない)状況になる可能性もあります。

充分な吟味をされて、又、早めの行動に移すこと(タイミング)が重要になってくる展開が予想されます!!

 

 

55円認定済み物件が満載!当社の物件一覧を見る

 

 

ウインドバンク編集長のNABE です。
私はアースグループで小形風力発電の営業を担当させていただいております。お客様とお話しする中で、そもそも小形風力投資とは何か?とよく聞かれます。そこで、ご興味を持たれた方へ少しでも小形風力発電のことを知っていただき、安心して投資にチャレンジできるように、不安や疑問を解消できるように執筆していきます!